津軽半島竜飛崎

雪が降る前に、どこかドライブに行きたい気分。
ETC1000円割引で竜飛崎へ。
高速に乗り、青森県内に入るとどんどん天候悪化。
青森市内に入るともう完全に雨で津軽半島を北上するにつれて雪に変化。
やばい失敗したかもしれん。
今別町のコンビニで肉まんを食いながら、しばし考える。(帰ろっかな)
でも、ナビを見るともうすぐそこらしいから行くだけ行ってみることにする。

海沿いに出て少し走ると雪が止んできた。
出発から約3時間半でやっと到着。
駐車場に行くと地元のおじさんらしき人以外だれもいないw
やっぱり時期は過ぎてるよね。

駐車場隣の記念碑へ。
風がものすごい強い。あと寒い(体感温度は氷点下)
カメラを持つ手があっという間にかじかんでたまらず車へ。

少し温まってからもう一度外へ出て、
津軽海峡冬景色の歌碑のボタンを押す。
「ごらんあれが竜飛岬~♪」と
大音量で石川さゆりの歌が流れるが周りはやはり自分ひとりだけ。
寒いのですぐまた車へ戻る。
階段国道が隣に見えるがとても行く気になれないw

まだ道が先に続いているようなので、道を登っていくと更に駐車場があった。
上の駐車場は更に風が強く、時折体を持っていかれる程の風。
カメラを構えても強風でブレまくりうまく撮れないし、呼吸ができない。

小さなお店があったのでおじさんと話をするが、まだこれでも若干強い程度らしい。
「おとといの夜の方が酷かったよ」とおじさん。
なんか車が風で揺れてるんですけど、これより強いって台風じゃんかw
ここでおでんを買い急いで車に戻り再び体を温める。
灯台が目の前に見えているが鼻水垂れ流し状態ではやっぱり行く気になれない。
車の写真を撮り逃げるように帰路へ。

家に帰ってから天気予報を見ると発達中の低気圧が通過中だったらしい。
今度は天気のよい暖かい時に来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

次の記事

懸賞当たった