以前のwindows updateのエラー原因判明?

パソコンの調子が悪いので見てほしいと知人からパソコンを預かっていじくっていたところ、
1年半程前にHDD交換コピーしてwindows updateが動かなくなった原因っぽいのを見つけたので備忘録。

HDDの規格がちょっと変わっていたのが原因らしい。
2011年以降の新しいHDDはAFT(Advanced Format Technology)という規格対応であり、
AFTに対応していない古いHDDからAFT対応の新HDDにコピーすると、
windows updateが出来ない、動作が遅い、リカバリーできないなどの不具合が発生するようです。

自分の場合
非AFTの古HDD(XP→7にアップグレード)→AFT対応の新HDD(windows7をコピーしてwindows updateでエラー)
たぶんこれが原因なんじゃないかと。

ここに詳しく書いてありましたので参考にどうぞ。
「AFT HDD windows update」で検索するとぞろぞろ出てきます。
これは知らないと悩んでしまうかも、勉強になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください