レトロハード掃除

PCエンジンDuoのメンテ用に買ったグリスが余っていたので、今日はDuo-Rを押入れから引っ張り出してメンテ。
Duo-Rもモーター周辺のギアのグリスが劣化していて渋い状態だった。
新しいグリスに塗り替えたところ動きも音も良い感じになりました。
しかしケーブルの不良なのか、映像が乱れるという現象が頻繁に発生。
基板の半田の接触不良?ケーブルの問題? これの原因は結局わからず。
またネットのお世話になろう。
そのDuo-Rと同じ段ボール箱からファミコン本体がでてきた。
ファミコンやるときはNEWファミコンしか使っていなかったので、
ほぼ15年ぶりくらいの再会?
本体の後ろ側をみると普通のドライバーで開きそう。
ほこりまみれだったので今度掃除して起動させてみよう。

地デジ化と世間は騒いでいるが、こういうレトロハードを保存しようとすると、
ブラウン管テレビの保管は必須。
なんでも最新が良いというのも少しさびしい気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください