Nature Remo(スマートリモコン)を買ったのです

スマートリモコン始めました


スマートリモコンとは、何か?
スマートフォンを使って家のエアコンやテレビ、照明等をコントロールするネット対応の学習リモコンです。
(赤外線リモコンで操作できる機械はだいたい登録可能)
外出先から遠隔操作できるので帰宅前に冷暖房のスイッチを入れたり、
電気の消し忘れはリモートで電源オフできたり便利そうです。
ずーっと売り切れでしたが品薄が解消されたようなので、購入してみました。

私が購入したのはNature Remo(ネイチャーリモ)
一番評価が良かったのでコレにしました(ちょっと値段が高いですが)

約半額のsRemo-R (エスリモアール)というのもありましたが、売り切れだったので断念。

届いたので、開封&設定してみる


中はこんな感じで良くあるシンプルな構成です。

設定はスマートリモコンとして使うだけならばそれ程難しくありません。

公式のサポートページの動画や説明文を見ながらやれば問題なく設定できると思います。

私もセットアップ(Nature Remoがネットに接続するまで)は簡単にできました。

次にリモコンを登録していきます。
これもリモコンを学習させていくだけなので簡単なのですが、
ボタンを一つ一つ登録していかなければならないのが面倒です。

LEDシーリングライトのリモコンを試しに登録して動作確認してみたところ上手くいきました。
wifi接続から4G接続に切り替えて家の外からリモコン操作してみましたがこれも成功。
これで日本全国のみならず、世界中から家の照明操作が出来るようになりました。

Google Home(スマートスピーカー)と連携させると音声操作で更に便利に!


さて、今回コレを買った最大の目的はスマートスピーカーとの連携です。
音声でテレビ、エアコン、照明などをコントロールして、
ポテチを食べながらテレビのチャンネルや音量を変えたり、
寝転がりながら照明を付けたり消したり、
(あまりスマートでない使い方ですが^^;)
なんちゃってスマートハウス化をしたいと考えていました。

ここからの設定はちょっと難易度が上がります。
普通に使えるようになるまでにちょっと苦戦しました。

設定方法はたくさんのサイトで紹介されているので省きますが、
詰まったところをまとめてみます。

Google HomeとNature Remoの直接リンクが上手くいかない
自分「Ok,Google、ネイチャーリモを使って〇〇を付けて」
Google Home「ネイチャーリモとリンクされていません。Google Homeアプリでネイチャーリモとグーグルアカウントをリンクできます」
このように返答があり音声操作を受け付けてくれない場合があります。
出来る時と出来ない時があり動作が不安定。
IFTTT連携に切り替え、改善
Nature Remoとの直接リンクはあきらめてIFTTT(イフト)というアプリからの連携に切り替えました。
こちらから起動させると問題なく動作させることが出来ました。

Google HomeとIFTTTで設定したワードの競合?
Google Homeであらかじめ動作が設定してあるワードとIFTTTで設定した起動ワードが同じ場合
動作が無視される。
IFTTTを使えば大体動いてくれるのですが、「ただいま」「おやすみ」「テレビつけて」等のワードは
競合しているからなのか、設定が悪いのか動かない時がありました。
「テレビを消して」などはchromecastを繋いでいると上手くいかない事が多かった。
Google Homeのショートカットを使い、改善
スマホのGoogle Homeアプリから「ショートカット」を設定してやります。
このショートカットとIFTTTの起動ワードを同じにしてやれば、

GoogleHomeのショートカット

GoogleAssitantによる操作

IFTTT設定の起動ワード

Nature Remo

と流れていくのか動作するようになりました。

これでなんとかテレビ、照明、エアコンを普通に使える状態にはなりましたが、
現状だと設定したワードでしか操作できません。
Google Homeで明日の天気を聞く時の様に、

「明日の天気は?」
「明日の気象状況は?」
「明日の空模様は?」
「明日雨降りそう?」

と、微妙な言い回しをしても拾ってくれると良いんですけどね。

とはいえ、音声操作は使ってみると便利です。
「全部つけて」「全部消して」と、まとめて操作ができるのは良い。
もう一台欲しくなってきました。
 
 
追記
2019年4月3日現在
新型が発売されているようです。

機能削減の廉価版もあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください