ダイエット、メタボ解消にスマートバンド(スマートブレスレット)

運動不足解消やダイエット継続の動機付けにおススメです

太ったかな?とか体力が落ちてきたかな?とか思って運動を始めてもなかなか継続できないものです。
継続できる何かがあればと常々考えていましたが、そのきっかけになりそうなガジェットが…
それは…

「スマートウォッチ」です。

AppleならApple Watch
GoogleならWear OS by Google搭載のスマートウォッチがそれですが、
お値段が3万円から5万円と何ができるかわからないものに払う金額としては高く感じます。
三日坊主で運動をしなくなったりするかも知れないものに数万円は出せないですよね。

そこに、良い商品を見つけました。

「スマートバンド」です。

スマートバンドやスマートブレスレット、
アクティブトラッカー(活動量計)などと呼ばれている商品なのですが、
価格は3000円程度と低価格。
これなら途中でやめちゃってもダメージは少なく済みます。

このスマートウォッチとスマートバントのお互いの特徴を見てみると…

● スマートウォッチの特徴

・GPS機能が使えて位置情報が確認できる。
・着信やSNSのメッセージを確認、返信できる
・音楽再生ができる。
・歩数計、カロリー計、睡眠計や心拍計やランニングデータなどの健康管理
といった感じで、小さいスマホみたいで多機能な分価格も高いです。
(機種により機能の違いあり)

● スマートバンド(スマートブレスレット)の特徴

・歩数計、カロリー計、睡眠計や心拍計やランニングデータなどの健康管理のみ

と、スマートウォッチの様に多機能ではありませんが、健康管理のみに特化していて低価格。
スマートウォッチは価格が高い、電池持ちが悪い、1日おきに充電が必要、といまいちイケてないので、
気軽に始めやすいスマートバンドの購入を検討してみました。

探してみると聞いたことのない中国メーカー製の商品が沢山あります。
amazonでおススメされた売れ筋上位なものに血圧まで調べられる機種があります。
↓これです↓
しかし、バッテリーやベルトまわりの評価が低いのでパス。

他に探してみてもほぼ中国メーカーしかありませんがそのなかでも有名所では、
スマートフォンで有名なXiaomi(小米科技/シャオミ)とHuawei(華為/ファーウェイ)があります。

両方いろいろ検討した結果、私はXiaomi Mi Bandに決めました。
決め手は他社と違ってアクセサリが充実しているところと評価が高かったところ。
好きなバンドの色が選べたり、切れても購入できるのはありがたいです。
世界で一番売れてるというのも安心できます。

主な機能を紹介しますと…

歩数計
心拍数計
睡眠モニター
消費カロリー計
スマホからの通知(SNSやメール)
時計機能、天気予報
ストップウォッチ
IP67防水防塵
バッテリー長持ち(最長20日位)
iOS&Android対応
日本語対応でスマホアプリもあり

と意外と多機能です。
運動の手助けの機能としては十分だと思います。

さて、私が購入したのは最新版の「Xiaomi Mi Band 3」の方になります。
こちらをウォーキング、ランニングの共にしています。

まずは開封画像

中身はこんな感じです。
本体、バンド、充電ケーブル、説明書

上部がディスプレイ、下部にタッチ式のボタンの窪みがあります。

セットアップにはスマホアプリ「Mi Fit」のインストールと登録が必要です。
画面の指示通りに設定しましょう。
途中ファームウェアとフォントのアップデートがありますが、これが1時間ほどかかります。
電池の消耗が激しいので十分充電されているかチェックが必要です。

どのように使っているか

普段は時計と歩数計として使っています。
(写真では画面が見にくいですが室内だと普通に見えます)

ウォーキングやランニングする場合は「エクササイズ」モードへ。
運動中の時間、消費カロリー、歩数、心拍数が計測されます。
エクササイズ中は、スマホアプリの「Mi Fit」や「Google Fit(android版)」を立ち上げて
GPSをオンにしておけば地図に経路情報が記録されます。

アプリに目標を決めて設定しておけば、目標達成に向けてコーチングしてくれます。
最初は楽な目標から、慣れてきたら段々とレベルを上げていくと
すんなりと運動不足解消へ誘導してくれると思います。

MiFitでの計測結果

GoogleFitでの目標設定

GoogleFitでの計測結果

2ヶ月使ってみて

2ヶ月使ってみた結果、約6キロのダイエットに成功しました。
無理なく設定した通りにウォーキングをしただけです。

使ってみた感想として、

長所
中華モノ特有のおかしな日本語や変なフォントがない。
電池持ちが良い(一部機能を停止させると30日位持ちます)
座りすぎの通知がある。

短所
ベルトから外しての充電が面倒
太陽光下での表示がが見にくい

こんなところでしょうか。
まあ、目的は運動不足解消のお供に使えるかどうかでしたので、
予想以上に使えるガジェットというのが私の評価となりました。
なかなか運動が続かないという方は試してみては?

以上スマートバンドの紹介でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください