oculus rift cv1 で Google Earth VR (oculus touch使用)をプレイ

先日leap motionでGoogle Earth VRをプレイするという記事を書きましたが、
今度はoculus touchでプレイ出来るか試してみました。

Google Earth VRは現状ではHTC Viveのみの対応となっています。
しかしFakeviveというアプリを使うとoculus riftでもプレイできるようになります。
これは前回の記事でインストール済なので、
このままの状態でoculus touchを使ってアプリを立ち上げてみると…
普通に立ち上がりました。

このままどこまで使えるかプレイしてみました。

VR内に表示されているのはtouchではなくviveコントローラーですが、
touchで操作しても問題なくプレイできます。

とりあえずわかった操作で動かしてみます。
右スティック上押し込み:ズームイン
右スティック下押し込み:ズームアウト
右トリガー:ドラッグ・アンド・ドロップ
右グリップボタン:回転
右コントローラーBボタン:メニュー表示
左スティック押し込み:上カメラと俯瞰カメラの切り替え

ズームイン最大で地上へ降りたところ。

ズームアウトで高高度からの日本上空。

ズームアウト最大で地球全体を見たところ。

メニューからは世界中の特定の地点を選択できます。

例えばニューヨークのマンハッタンへ飛んで、

自由の女神を見に行ったり。

パリを選択してエッフェル塔を上空から眺めたり、

富士山の山頂にも簡単に行けちゃいます。

エベレストを選択してヒューマンスケールで降り立てば、なんちゃって登山も体験できます。

頂上付近からの眺めは神々しい…

エベレスト山頂ってこんなに狭いの?
こういう事がわかるのもVRの醍醐味かもしれません。

以上、oculus touch使用によるGoogle Earth VRのレビューでした。
解像度は低いですが、時間を忘れて世界一周が出来るこのアプリ凄くない?
詳細表示出来たら疑似観光が体験できて更に楽しいかもしれません。

最後に…長時間プレイに注意です!
私は軽い頭痛になりました。

Oculus Rift
Oculus Rift

posted with amazlet
Oculus (2018-12-20)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください